| ホーム | メンバー紹介 | 週刊塩 | 活動報告 | 掲示板 | リンク |

 

第13回「絶対戦力(白)」(11.05.31)

 

28弾『絶対戦力』発売から2週間。
いかがお過ごしでしょうか、Y256です。

自分はGT予選は白単ユニコーンを交互に、絶対戦力大会では速攻気味の白デッキで参加しております。
ブードラもわりと勝てる今日この頃。

今回は『絶対戦力』に収録された白勢力のカード全24枚のレビューをします。

6大勢力のうち、一番収穫が無かったと囁かれている白ですが、さて。

 

デスティニーガンダム&シン

性能:★★★☆☆ 外見:★★★★★

プラント最高評議会と役割が被りそうで被らないシン(新)エース。
第1テキストでディアゴや行方カガリなど特定のセットグループを作るのが序盤の役割。
終盤に真価を発揮する第3テキストは攻撃ステップに交戦できるのがメリット。
「これがインパルスだったら…」というのは未練。


ウイングガンダム&トールギス

性能:★★★☆☆ 外見:★★★★☆

プレイしてから出撃するまでに相手にカードを2枚も献上する、通称”接待戦力”。
攻撃に出撃できるのは4ターン目からであるため、リングに出撃できることを生かしてやりたい。
3国力コンビのヘビアームズ&サンドロックからすると、この性能でレアなのはやはり疑問が残ります。


リーオー(トレーズ機)

性能:★☆☆☆☆ 外見:★★☆☆☆

交戦中のユニットをバウンスできますが、自軍ダメージ判定ステップのみとかなり限定的。
撃破されにくいという点を生かすならば、過ぎ去りし流星で防御が1になってしまったコロニーを帰還ステップまで守る役割でしょうか。


ゼクス・マーキス

性能:★★☆☆☆ 外見:★☆☆☆☆

デュオ・マックスウェル《4》のリメイク的な効果。
本国とユニットや、ユニット2枚にダメージを与えたり、効果に幅はあります。
真っ先にウイングガンダムゼロカスタムに乗せることを思いつきますが…色々オーバーキル過ぎます。


ジャスティスガンダム

性能:★★★★☆ 外見:★★☆☆☆

背景があるのがいただけませんが、中堅ユニットとしてはいい感じ。
全体的にデュエルガンダム&バスターガンダムに近いデザインですが、5国力ユニットに”それ”を求める環境なのでしょうか。


デストロイガンダム(ステラ機)

性能:★★☆☆☆ 外見:★★★★★

今までデストロイの中で一番どっしり構えたイラスト。まさに弩級
ただし、使い勝手は『禁忌の胎動』と同等。
弩級での貫通力に期待したいが、そもそも単機では機能しないのでメタのメタとしては失格。


105スローターダガー(ランチャー)

性能:★★☆☆☆ 外見:★★★☆☆

今までのランチャーストライカー装備のユニットとは異なった、ユニット牽引テキスト。
ロールインユニットも即座に戦闘に参加させられるのは優秀。


105ダガー(ライトニング)

性能:★★☆☆☆ 外見:★★☆☆☆

ライトニングストライクのデザインを継承し、補給を持ちます。
効果は防御力の給与。古典的な効果ですが、防御力を参照する弩級が多数プレイされる絶対戦力大会ではワンチャンスあるかもしれません。


ボナパルト

性能:★★★☆☆ 外見:★★☆☆☆

艦船ではありません。
新鋭艦アークエンジェルやガイアガンダム(A・W機)でサーチさせないというよりは、他のユニットと同一のターンに出させない、という制限にでしょう。
立ち位置的には、ウィンダム(ネオ・ロアノーク機)やレイダーガンダム《26》に近いように感じますが、Lサイズなら色も無視できるため夢だけはあります。


ウィンダム

性能:★★☆☆☆ 外見:★★★☆☆

ハイザック・カスタム《27》の白バージョン。
1国力で本国へのダメージが3と言えば、スラッシュザクウォーリアを思い出します。
が、部隊の2番目や交戦中からでも本国へのダメージを狙っていけるなど、速攻デッキに必要な素質があるのはこっち。


キャンサー

性能:☆☆☆☆☆ 外見:☆☆☆☆☆

なんだこのイラスト。
テキストも何がなんだかわからない。
今弾の白のワーストカードまっしぐら。


スラッシュザクファントム

性能:★★☆☆☆ 外見:★★☆☆☆

3国力ユニットの速攻は見た目以上に硬く、さらに特殊攻撃。
なぁなぁなイラストもだんだん可愛く見えてきます。


ゲイツ

性能:★☆☆☆☆ 外見:☆☆☆☆☆

デストロイガンダムと一緒に収録されるのは2度目。
まんま『禁忌の胎動』版にテキストをつけたもの。


ガンダムアストレイ(ブルーフレーム)

性能:★☆☆☆☆ 外見:★★★☆☆

機動力があって打撃が大きいブルーフレームのイメージ通りですが…普通にケンプファーですね。
レッドフレームのビジュアルユニットも、今出ればバルチャー、追撃(2)とかだったんでしょうか、惜しい。


メーザー

性能:★☆☆☆☆ 外見:★☆☆☆☆

敵軍ユニットを勝手に直して資源3を要求する、なかなかさわやかな押し付けっぷり。
使い方があるとすれば、範囲兵器で破壊した敵軍ユニットの破壊を無効にしつつ交戦で再度破壊する…とかだろうか。


ガルド・デル・ホクハ

性能:★★☆☆☆ 外見:☆☆☆☆☆

上のライトニングとほぼ同様のテキストを持っています。
キャラクターであることを生かして、戦闘修正の移し変えのような効果として使えますが、どうでしょう。


サース・セム・イーリア

性能:★★★★☆ 外見:☆☆☆☆☆

速攻デッキの収穫。プレイ時に手札のユニットがブースト・戦闘配備を得るのだから弱いわけが無い。
テスタメントガンダム2枚を同時に展開できたり、ウイングガンダム&トールギスのデメリットを軽減したりと、かなり使い勝手はいいです。
戦闘修正があるのも○。


ザフトエース

性能:★☆☆☆☆ 外見:★☆☆☆☆

ACEカード収録やレアキャラ収録を逃したと思ったらこんなところにいた、アスラン。


殺人的なG

性能:★☆☆☆☆ 外見:★☆☆☆☆

敵軍ユニットが多いほど相手の本国が死の加速するコマンド。
ただ、勢いのついたウィニーなどは、自分の本国を気にせず強烈な打点を出してくる場合が多いので、素直に戦闘フェイズを無くすほうが安全でしょう。
全ユニットを強制出撃させるタイプの効果と相性は良さそうですが、決め手にはならないでしょう。


ファトゥム

性能:★★★☆☆ 外見:★★☆☆☆

クイック、ブースト、戦闘配備、4/4/4、高機動のユニットです。
ナイトガンダムと相性が良いので、復権の暁には採用したいですね。
ちなみに、出るのはインフィニットジャスティスの『リフターコイン』と名称以外同一の『飛翔体コイン』です。
飛翔体と書いてリフターと読む的な流れですね。


ウフプラール・ドライツェーン

性能:★★☆☆☆ 外見:★★★☆☆

最初は「デストロイ砲」で通そうかと思ったのですが、なんか名前覚えてしまいました。
対ウィニーに絶大的な威力を持っているので、見合う相手さえ現れれば。


十重二十重

性能:☆☆☆☆☆ 外見:★☆☆☆☆

じゅーじゅーにじゅーじゅー♪
除去としては戦火を支える者たちのほうが数段上ですが、こっちは防御ステップに使える。
…いや、ブードラでも厳しいですね。


破壊の化身

性能:★☆☆☆☆ 外見:★☆☆☆☆

どうしても破壊したい弩級オペレーションがない現状、救国の英雄がある白では完全に空気。乱射できる弩級もありませんし。
ロールコストに出来るとはいえ、この手のオペレーションはアドを得るのが難しい。


カミカゼ・アタック

性能:★☆☆☆☆ 外見:★★☆☆☆

白のビジュアルユニットは比較的格闘が高いので他の勢力より相性は良さ目。
格闘1は15種類中キャンサーのみ。やっぱあいつはダメだわ。


性能
発売から2週間。実際に使った見た印象を交えたカードの評価。
☆☆☆☆☆→全然ダメ。ていうか、UNKOさんです。
★☆☆☆☆→基本的にはダメカードだが、何かしらの可能性は残っている。
★★☆☆☆→見込みあり。隙があれば限定戦やフリプレで使っていきたい。
★★★☆☆→構築で考えるレベル。普通にいいんじゃないか。
★★★★☆→即戦力として期待。グッジョブ。
★★★★★→バンダイにデッキ組まされてるレベル。

外見
イラストや構図。ゲームカードとはいえ重要な要素。
☆☆☆☆☆→ラクガキ。ちょっと、UNKOさんです。
★☆☆☆☆→テキトーに一時停止押しとけばできるだろ。
★★☆☆☆→書き下ろしとして、評価されて当然。
★★★☆☆→精密さが出ている、またはネタとして頭1つ出ている。
★★★★☆→こういうイラストがあるからガンダムウォーはやめられないねぇ。
★★★★★→額に入れて飾りたい。


※このレビューはもちろんY256の個人的な意見です。

 

since 2010.01.22

inserted by FC2 system